劇団四季のオペラ座の怪人は本当にリアル!

劇なんて、子供の頃にスーパーマーケットの屋上で、戦隊ショーとかを見たくらいで、殆ど興味なかった。知人から劇団四季のオペラ座の怪人が見たいと誘われたのが、劇団四季にハマるきっかけだった。
オペラ座の怪人の話自体、全く知らなかったので、どんな話かとレンタルビデオ屋に行き、内容を把握した。顔が生まれ付き爛れていて、辛い子供時代を送った怪人が大人になり不器用な恋愛をして、(今で言うストーカー的な)最後は人間性を取り戻し、愛する人の幸せの為に去って行くという切ないストーリー。
映画の始まりは旧オペラ座からスタート、見せ場は中央にある大きなシャンデリアが落ちるというシーン。劇場で再現出来るの?と思っていたが、なんと上から落ちてくるではないですか!先ずビックリ。その後も映画と同じように忠実に再現している。始めて劇団四季のオペラ座の怪人を見て、完全にハマってしまった。
劇場は見る場所によって、見え方が違います。始めて行った時は左前方だったので、他の席からも見たいと結局四回も観劇。意外に良かったのは二階席の1番前ですね?
全体が見えるので、迫力有ります。
それと俳優、女優も日によって変わるので、同じセリフでも、全く雰囲気変わるんですよ。
とにかく、劇場四季のオペラ座の怪人はリアルで凄いです。お金 急ぎ

草むしり、除草剤散布、地区の清掃課題に追われた日曜日

日曜日は、草むしり、除草剤散布、地区の純化進め方に追われた。土曜日は、ガーデンやアパート周辺の草むしりや除草剤散布進め方を行った。みずから行える度合いも限られてくるので、メインは除草剤散布で対応した。久しぶりに噴霧器に除草剤をセットしたので、希釈率を忘れてしまって、最初は手こずった。除草剤を吸い込まないようにマスクを通して、一段と、ウェザーが良かったので熱射病目論みとして塩気タブレットを口に含み、帽子をかぶって進め方を行った。塩気タブレットは、くだものフレーバーのものを用意したのだが、思いのほかおいしかった。除草剤散布が終わった後に、畑の作物付近の草をむしった。適切ボリュームの草をとれた。進め方終了後は、畑が見違えるようにきれいになってうれしかった。夕刻に飲んだビールが最高にうまかった。そうして週末。朝から地区の埃拾いに参加した。埃拾いをうっかり忘れてしまって欠席してしまうと罰金を納めないといけないので、寝坊しないように気を付けた。地区の自身とコミュニケーションをとれたので、良い機会となった。キレイモ 料金